Diary

ro1111.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 29日

その後...

f0256980_21312353.jpg


そろそろ完成間近のようで、ザンザーニさんとメールでやり取りしております。
もはや気の毒過ぎて、知人に進行状況を聞かれないという事に終止符を打てそうです。

お願いした事は全部やってくれました。
ちゃんとマフラーも2本用意してくれたし、スペアカウルも塗ってくれたし。
メーターでお願いした事もやってくれた。(そんなアホなお願いするのは、お前だけと突っ込まれた。)
フォンタナもゴールドはヤダ!っていうワガママを聞いてくれて、ブラックに塗ってくれたみたいだし。(写真では色味も完璧っぽい。ツヤ消しブラックなら何でもオッケーじゃございません。)
ステップとかレバーも当時の完璧なレプリカを作ってくれました。(ただステップに関しては転んだら危ないので、その内交換する予定。)

シリンダーヘッドにお願いしたサイン、親父さん指と目が悪いみたいで、それは無理だった。。。
ただタンクにはビシっとサインしてもらいました。
このサインをする時も息子さんが手伝ったそうですが、目と指が悪いだけで後は親父元気だよ!との事で一安心。

後は日本のレギュレーションに合わせて、それらのお願いも。
日本に来て、もう一回バラして再度ボルト類に穴空けなんて面倒かつ非効率的なのでそれらも、恐縮ながらお願いしました。
当然ワイヤリングは自分でします。
指定した箇所に穴を空けてもらいました。
日本のレギュレーションはクレイジーと言っていましたが。。。
後はキャッチタンク類(オイルキャッチタンク作ったけど、こんなクソデカイの本当に付けるのか!?と言われた。)も、上手く取り付けてくれたようです。
やっぱり仕上げ方のセンス、素晴らしいです。
リアの巻き込み防止のガードなんて、マシニングで作ってるとはいえ、デザインが素晴らしい。
オーダーして良かったと、本当に思いますね。

慣らしを兼ねた走行会に参加するのが楽しみです。
[PR]

by R-O1 | 2015-04-29 21:02 | Motor cycle


<< さて・・・      さてさて >>