Diary

ro1111.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2015年 05月 25日

告知。

f0256980_3185051.jpg


f0256980_3185127.jpg


f0256980_3185379.jpg


Benelli Sei Superbikeという本が発売になりました。
お世話になっている友人本人が執筆したので、内容は間違いないはずです。
ボルドールでのレースの事なんかも書いてあるみたいですよ。
マイナー車種に絞った内容で、お乗りの方や興味ある方は一冊いかかでしょうか?
ベネリ好きなので、自分は買いました^ ^
一冊25ユーロ(送料別)、250部限定です。
興味のある方、送料折半で一緒に買いませんか?
[PR]

by R-O1 | 2015-05-25 03:12 | Motor cycle
2015年 05月 25日

f0256980_383137.jpg


先日は時間が急に取れたので、某氏の元へアポ無しで急遽訪問。
突然にも関わらず、快く招き入れてくれました。
お昼までご馳走になり、馴染みのコーヒーも相変わらず美味しゅうございました。

氏がコレクションしているお宝本を、あーでもない、こーでもない...と。
気になる記事が乗っている雑誌を片っ端から借りてきました。
しかし、圧巻なのは超マイナー車種が表紙を飾り、それを何十ページも特集しているところです。
これでイタリア語が理解出来ると、更に素晴らしい世界が待っていると思うのですが。。。

憧れ?のガレージはフェラーリの横にMV750Sなんでしょうが、アバルトの横にピッコロモトが並んでいるほうが心踊るようになったのは、この方の影響です^ ^
[PR]

by R-O1 | 2015-05-25 02:57 | Motor cycle
2015年 05月 22日

アラドーロ

f0256980_163071.jpg


アエルマッキのアラドーロ、イタリアンのレーサーでまず浮かぶのはコレですよね〜。
基本は市販車のエンジンがベースになり、改良を重ねここまで戦闘力をあげたレーサーです。

当時のグランプリはMVやホンダが凌ぎを削っていたのですが、プライベーターも参加していました。
その中でプライベーター独自に改良を重ねた名車も多いですね。
今じゃ考えられないですけど。。。

当時のプライベーターにとって重要なのは、壊れない、ランニングコストが安い、メンテナンス性が楽という事。
メーカー資本のバックアップなどないプライベーターにとって重要だったのは、速いというよりこれらの事が重要視されたそうです。
ゆえにマンクスやG50、アエルマッキといった単コロレーサーはプライベーターに末長く愛された訳です。
メーカーのワークスマシンがトラブれば、運良く表彰台に上がれるチャンスもありましたし。
バートマンクスで高名なバートも、アエルマッキのチューナーとして有名ですね。

しかし、いかんせん旧式化してきたマンクスやG50、アエルマッキといったレーサーではメーカーのワークスマシンには到底敵わず、それらで戦っていたプライベーターには表彰台に登れるチャンスは皆無になってきてしまいました。
そんな中でも独自にグランプリ参戦していたパトンがビアルベロア搭載2気筒のレーサーを販売し、プライベーターにもチャンスがやってきました。
しかし、販売価格が超高額(たしかアラドーロ3台分)、かつ複雑な機構でプライベーターには手に負えないという点がネックで、販売台数は伸び悩んだそうです。

イタリアのカーディラーで成功した方が、それらグランプリのシーンに不満を持ち、プライベーターにチャンスをあげたい、ビジネスチャンスもあるかもしれないという事でレーサーの開発を考えます。
抜擢したのは奇才リノトンティ。
メンテナンス性にすぐれ、かつコストも安いという点を重要視した結果、新規開発でなく、工房近くにあったアエルマッキに目を付け、それらのパーツを流用する事にしました。
そうして生まれたのがリント500GPです。(リノトンティの名前から取られた。)
複雑なDOHCをやめ、アラドーロ直系のクロスフローOHV2気筒ホリゾンタルエンジン。(写真で見ると搭載上の都合か、エンジンが左に寄っている。)
フレームもアラドーロを模したフレーム。
軽くてハンドリングも良い自信作。
価格もパトンより安いとはいえ、中々高額でした。
とりあえずという事で独自にグランプリに参戦するも、高速サーキットでは強烈な振動がライダーを苦しめ、エンジントラブル続きで結果を中々残せず、速いが壊れるというイメージをユーザーに植え付けてしまいました。
それでも表彰台を諦めきれないプライベーターにとって、魅力的なレーサーでした。
パトンより安く、ランニングコストやメンテナンス性も良いリントをあえて購入するユーザーもいたそうです。

しかし一番ネックだったのがフレームの破断で、あろうことか強烈な振動に耐え兼ねフレームが逝ってしまう事があったそうです。(アラドーロなどは、より良いフレームを求め、ドリクストンはフレームを改良する訳です。ケルキャラザースのライディングで有名。)

とはいえ、パトンにしろリントにしろ、プライベーターに夢を与えたという事で、今でもイタリア車好きからは別格の目で見られる訳ですね。
[PR]

by R-O1 | 2015-05-22 00:31 | Motor cycle
2015年 05月 21日

輸入するにあたって

f0256980_22293141.jpg


航空便で輸入するのですが、当方関東住まいなので成田着を口酸っぱく指定。(間違って関西方面の空港にされたら号泣しちゃいます。)
船で入れるのも検討しましたが、木箱での梱包ですし、航空便と値段もべらぼうに違わないです。
船で入れて怖い話も色々聞きますからね〜。
シーリーG50を船で入れたら想像以上に時間が掛かって、心配していたら無事到着。
箱開けたらマグネシウム部品が真っ白に粉吹いてたとか。
別の知り合いは木箱が一度開けられている跡があり、ナンバープレートとメーターが外されてたとか。(当時物ナンバープレートは貴重。しかもメーターはボニクセン。。。)
ここじゃ書けない怖い話を色々聞きますから、木箱での船便は不安ですね〜。
何台も台数まとめて、鉄コンテナ輸入なら安心でしょうけど。
スリムかつ強靭に木箱を作ってやる!とザンザーニさんは言っていましたが、現在は木箱製作中かな?

業者に頼むのも考えてましたけど、Y浜のMさんが「暇だし届いたら成田まで一緒に行くよ!」というので自分でやろうかな〜と思います。
[PR]

by R-O1 | 2015-05-21 22:14 | Motor cycle
2015年 05月 20日

ギア類

f0256980_339567.jpg


レーサー日本に来るっていう事で、ギア類も用意しないと。。。
一番大切なのはヘルメット。
希望はAGVだけど、マルシンで輸入しているMFJ公認で日本向けなのは残念な事に中国製。
Pasoモデルはカッコいいけど、ヒストリックレースのLOCでは使えないんです。
ロッシモデルもいいけど、作りが荒いらしくイタリア製なら我慢出来るけど、中国製じゃな〜。
平行輸入だと国内レースで使えるのか?と調べるも値段で断念。
というより、この金額で試着もせずに買うのは自殺行為。
値段を考えると、もうちょい足して作りも安全性も最高のアライを買うのがベター。
アライのヘルメットを色々試着して決める予定。
カラーは真っ白は味気ないから、Kさんにカスタムペイントをお願いするつもりです。(もちろんPasoカラー。)

グローブとブーツは検討中ですが、あまりゴツいと操作性に影響ありそう。
Y浜のMさんが現行ダイネーゼのブーツとグローブは凄く使い辛いと言っていた。(個人差はあるでしょうけど。)
外人向けの仕様で、旧車のレバーやペダルには合わないって事もあるそうですし。
やっぱりシンプルなヤツがいいな。
ルイスのレーシンググローブとレーシングブーツがいいんですけど、転んだら悲惨な事になるかもと思うと決心がつかない。。。
オススメあったら教えてください。

レーシングスーツはカドヤにする予定ですが、G50乗りの津軽さんから耳寄りな情報を聞き、少し悩み中。

色々悩んでいる時が一番楽しい時期?だと思いますし、ゆっくり考えたいと思います。

写真はProviniのヘルメットとレーシングスーツ。
オーラが違いますね!
[PR]

by R-O1 | 2015-05-20 03:19 | Motor cycle
2015年 05月 20日

さて・・・

f0256980_101958.jpg


セイタランティは個人輸入で入れる予定なんですけど、自分でやるか業者に頼むかで検討中。
消費税は確か購入金額から6割で、8パーセント払う。
自分でやると消費税に通関時の料金、それと高速代と燃料代で済む。
軽トラに木箱積んで貰って、ガレージで木箱をゆっくりバラせばいいし。
ただ拘束時間が半端ない。

業者に頼むと全部やってくれるうえ、わずわらしい作業も無いし、保険も付けられて安心。
木箱の解体からゴミ類の処分も有料でやってくれるそう。
頼むとしたら木箱の降ろしも必要なので、ユニックトレーラーで運送してもらう必要が。
料金もあんまり高く?ない。
そりゃ、皆さん業者使いますな。
成田に着いたら業者から連絡があるそうなのですが、業者によりさほど料金も変わらない。

自分でやるのも記念って事でいいかもな・・・。
お金無いし。
[PR]

by R-O1 | 2015-05-20 00:47 | Motor cycle