Diary

ro1111.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 30日

Fairing.

f0256980_17325939.jpg


ダブルバブルシェイプのカウル。
FRPで製作予定なのですが、アルミニウムで製作も多分可能かも?とメールが。
で、少し調べたところデイトナを走った207はアルミニウムで製作したようですが、セイタランティはFRPで製作したようです。
しかしPrimoさんの返答で、'ダブルバブルのカウルは、プロトタイプをアルミニウムで作ったよ。3つ位作ったかなぁ?'と返答が。
すごい大雑把に言えば、アルミニウムもFRPも間違いでは無いという事に。
うーん、FRPのほうが修正は容易だけどアルミニウムも捨てがたい・・・。
アルミ板金で腕の良い人がいれば、購入を検討しようかなぁ?
そうするとシートも・・・。
とりあえず'あの人'に相談してみようと思います・・・。

ただ、アルミニウムだとプライスが鬼のように高そう(T_T)
迷う・・・。
[PR]

by R-O1 | 2013-08-30 17:19 | Motor cycle
2013年 08月 23日

お手伝い。

お盆休みに行われたSUGOでのイベントに行ってきました。
本当は行く気は無かったのですが・・・。
お盆休みで渋滞嫌だし、お金掛かるし、暑いし、前日仕事だし・・・。
いつものように津軽さん等のお仲間に来い来い言われた為、重い腰を上げて行ってきました。

津軽さんからは、何度か電話が・・・。
「菅生来ないの?来なよ。」
「いや〜暑いし、お小遣い今月ピンチなんで。とりあえず今回はパスでお願いします。」
「そっかー、じゃあ仕方ないね。」
また別の日に電話が・・・
「やっぱり菅生来ないの?皆来るよ?」
「うーん、ちょっと検討はします。当日いなかったら、すいませんねぇ。」
「そっかー、わかった。」
で、前日にまた電話・・・。
「今から出発するよー。菅生で会おうねー。来るんでしょ?」
「・・・はい。」
で、夜中に出発しました。
しかし、こうして誘ってもらえるのはありがたいです(^_^;)

イベントは2日間で前日はモトクロスが開催されたそうです。
最近若い人の間でヴィンテージモトクロスがブームらしいですね。
オンロードも是非興味を持ってほしいです。

KさんはG50で繰り出すも、惜しくもマシントラブルで完走ならず。
しかも、出走前にマフラーが割れて急遽溶接で仮処置・・・。
大阪勢が半自動溶接機を持ってきてるのは驚きました。
G50が3台も走ってるのを見るのは、中々見応えがありました。

帰りは渋滞でグッタリしました・・・。

f0256980_1151887.jpg


f0256980_115198.jpg


f0256980_1152167.jpg


f0256980_115243.jpg


f0256980_1152589.jpg


f0256980_1152745.jpg


f0256980_1152820.jpg

[PR]

by R-O1 | 2013-08-23 00:54 | Turing , Event
2013年 08月 07日

Ferrari racing pit stop lifter.

f0256980_17581186.jpg


Zanzaniさんはこんなのも作ってたりします。
ピット作業の時に使うリフターですね。
なぁんだ、たかがリフターかい・・・。って思った方!
これはF1!現在最高峰のレースです!
確かに今はビジネスやら何やら、ゴチャゴチャした関係もあります。
オールドファンに言わせると、昔は正に命懸け、ギラギラと危ない匂いがしたそうですけど。

話が脱線しました。
このリフター、全てでは無く、一部のパーツの製作を依頼されたそうです。

どうしてコレを作る事になったのか?
その経緯を教えてもらいました。
フェラーリから直接依頼が来た訳では無いそうで、これの製作をフェラーリから頼まれた方がいて、その方から依頼されたそうです。
簡単な経歴をZanzaniさんは説明してくれましたけど、そんな事を頼まれる溶接工は大層凄い方だろう!という疑問もありましたが、メールで聞くのも無粋ですし、直接お会いする機会があったら深く聞こうかな?と思っています。

こういった物作りが盛んなのは、流石イタリア。
面白いですねー。

車にしろバイクにしろ、メリハリが効いていて、イタリア車は本当面白いです。
[PR]

by R-O1 | 2013-08-07 17:34 | Car
2013年 08月 01日

続き。

ジャーナリストの方とのやり取りですが、事前に友人に「イタリア語で文章送ろうと思うんですけど、翻訳ソフトってどうなんですかねぇ?」と聞いたところ「自分も使って送ってみた事あるけど、ソフトは使わないほうがいいよって現地の人に言われたよ。」と言われました。

うーん、しかしイタリア語はサッパリ判らん。
辞書を使い文章作成、ついでに英文でも文章を作り2通送りました。
大変丁寧なお返事をいただき、資料のコピーもいただける事に。
しかし、その方も譲れるのはその資料だけ。
少なくとも、その方が把握している資料のみ。
譲っていただけるのは、本当にありがたいです。
本国ベネリクラブにも問い合わせしたいですが、ペーぺーの日本人を相手にしてくれるか疑問。
近い内にメールを送ってみよう!と考えてます。

f0256980_19362924.jpg


写真はMarco BenelliさんとPrimo Zanzaniさん。Zanzaniさんの工房にて。
[PR]

by R-O1 | 2013-08-01 19:21 | Motor cycle