Diary

ro1111.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 19日

Carlo Abarth.

f0256980_00070352.jpg


自分のMotobiは完成したようですが、少し面倒くさい?お願いをしておきました。
という訳で今日もお勉強。
イタリア語の翻訳に挫折してしまい、モトビの資料も手付かずですが。。。

イタリア車好きなら、蠍の毒に侵される事を切に願う方々が多いですが、オーストリア出身のアバルトは元々二輪ライダーとして活躍してました。
若いながらも独自の設計で設計したモーターサイクルは、当時としては珍しい水冷機構。
現存しているなら、写真でもいいから見てみたいと切に願う一台でもあります。
写真はアバルト独自のエキゾーストを装着したサンビームとアバルト。
ファッションもイギリスっぽいのですが、そこはやはりオーストラリア。
少し違う感じがしますね。

イタリア車一辺倒、イギリス車一辺倒だけでは無く、両方を柔軟に勉強すると楽しいです。
ドイツ車もイタリア車に与えた影響大ですからね。
[PR]

by R-O1 | 2015-10-19 23:55 | Motor cycle


<< 嬉しい写真。      写真続き。 >>