Diary

ro1111.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 10日

プロター

皆さんは、プロターというメーカーを知っていますか?
模型好きなら知っている方も多いと思います。
イタリアの英雄プロヴィーニ様が、事故により引退した後、企業した模型メーカーで、普通なら量産しないようなモデルも作ったメーカーです。
そのプロヴィーニさんの息子さんからメールが来て、プロタージャパンの社長O氏を知っているかい?彼は元気なのか?もう何年も連絡してないから、元気にしているか知りたい・・・と。
模型は疎いので、全く知らない(汗
しかし、自分のヒーローの息子さんから言われたとなったら別です。
友人知人に片っ端から聞いて、何とか連絡先を使むも、残念ながら、その連絡先も現在使われていないようで、所在が掴めず。
風来坊のような方と聞きましたが、もし所在を知っている方がいらっしゃいましたら、息子さんが連絡を取りたがっていると知らせてくださると助かります。

f0256980_1414980.jpg


写真はベネリの4Cレーサーに跨るプロヴィーニ様。
モンディアルからMVへ移籍するも、自分のほうが速いのに、チームオーダーで2位に甘んじなければならない事が我慢出来ないプロヴィーニは、安定した将来が約束されたMVを去り、よりによって弱小メーカーのモリーニへ行きましたσ^_^;
移籍前に約束された新型レーサーは結局作られず、レベッロをベースに改良する事に。
元々モリーニ社内ではレース活動に消去的で、社長の道楽・・・と社員達は見ていたようです。
徹底的にチューニングされたモリーニ250GPは、プロヴィーニのアドバイスもあり、メキメキと戦闘力を上昇。
ホンダ4気筒と死闘を繰り広げ、ストレートでは引き離されるも、コーナーで追い付き追い越しのデッドヒート!
そのまま、ポイント僅差で鈴鹿での決戦を迎える訳です。
ここで勝てば、念願のタイトル獲得!
しかもモリーニは今年限りでGP活動撤退。

しかし、レースの女神は微笑んでくれなかった・・・。

その後、これまた弱小メーカーのベネリ
へエースライダーとして移籍。
ここでも、戦前から続く4Cをもう一度グランプリへ投入し(戦後は単気筒ビアルベロでグランプリへ参戦していた。)、再度徹底的に煮詰めあげ、戦闘力をあげたベネリはプロヴィーニのライディングもあり好成績をあげました。
事故により負傷し引退するも、未だに根強い人気を持つ正にイタリアの英雄(^-^)/

ドクターS氏は来日した際、握手したそうですが、物凄い握力で手が潰れるかと思ったそうです笑
[PR]

by R-O1 | 2015-03-10 00:32 | Motor cycle


<< CR110      進歩状況 >>